読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sky-2012-da’s diary

お得な情報や日々思うことなどを書いていきたいと思います!

中小企業にメリットがある電力自由化❗理由は❓❓


100円から気軽に遊べる初心者向けカジノ「カジクラ」



2016 年 4 月、電力小売が全面自由化され、契約先の電力会社を自由に選べる時代がやって来ました❗全面自由化は、大手電力会社が地域ごとに独占してきた総額 8 兆円ともいわれる大きな電力小売市場を開放し、異業種から多くの企業の新規参入を呼び込むとされています❗❓



2015 年 10 月時点では、電力小売を始めるのに必要な経済産業大臣の登録が完了した企業は 48 社に達し、さらに 50 社弱が申請を終え審査を待っているというデータがありました❗❗



工場や商業施設のように多くの電気を使用する大口の契約については、すでに先行して自由化されていました。



自由化の範囲が小口の契約にも広がると、具体的には契約電力が 50 kw 未満の「低圧」の契約を結べるようになり、電力を使用するすべての企業が自由化の恩恵にあずかれるようになるんです❗❓



電力小売の全面自由化は、電気料金の低下をもたらすと期待が集まっています。既存顧客の流出を食い止めたい既存の電力各社と、少しでも多くの契約を獲得したい新規参入組の双方が入り乱れての顧客争奪戦はサービス競争を促し、東日本大震災以降続いてきた電気料金の値上がり傾向に終止符が打たれるとみられています❗❗



国際ライセンス取得済み!賭けても安全なカジノゲーム>>詳細はこちら


前面自由化の利点は主に一般家庭の目線で語られることが多いのですが、中小企業にもメリットがあるんです❗❗



低圧の電気料金は未発表のためどの程度下がるか未知数ですが、電力小売に参入表明している 600 社以上の事業者による競争によって、東京電力関西電力などの既存料金より安価に電気を提供する新規事業者はほぼ確実に出てくるはずです❗❗❗中小企業は、そうした事業者と契約を結び直すだけで固定費の低減を図れます❗❗



地域密着型の事業を展開して豊富な顧客ベースを抱えている中小企業なら、別の面から電力自由化の動向を追い風にすることも可能だと思われます❗その 1つの方法が、大手電力や新規事業者との協業です。



誤解を恐れずに言えば、大手電力会社には顧客を開拓してきた経験がほとんどありません。顧客は地域の電力会社と契約を結ぶほかに選択肢がなく、電力会社は “自動的に” 契約を獲得できたためです。
ところが、競争原理が働くようになる全面自由化後は、顧客離反を防ぐために接点の充実を図らざるを得ないのです❗❓



現状は全国規模でサービスを提供する携帯電話事業者やポイント サービス事業者との協業を巡る動きが活発です❗❓今後は地域密着で顧客と関係を築いてきた LP ガス事業者や不動産管理業者など中堅中小企業との協業を模索する動きも出てくるのではないでしょうか❗





新電力