読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sky-2012-da’s diary

お得な情報や日々思うことなどを書いていきたいと思います!

10月は株投資が儲かるかも❗❓




1日300円からの投資情報+自動売買!【TRADERS FARM BASKET(トレーダーズファームバスケット)】


円高、円高という声が多い為替相場。そういうときほど、相場は逆に。円安なら10月相場は明るくなる❗❓

東京株式市場は、当面は急激なリスク回避に傾くことはないとみています。というのも、米国株式が不安定に推移するなかでも、ドル円相場が1ドル=100円付近をサポートにできていることがその大きな理由です。また、下落する場面では日本銀行によるTOPIXETF(上場投資信託)への買いが入ることも、心理的な支えになります。ただし、NYダウ平均が1万8500ドルを明確に上回るか、1万8000ドルを下回るかなどの方向性がみえてこなければ、日本株にも大きな変動は期待薄でしょう。

10月以降の相場が上がるための条件とは?
一方、10-12月はアノマリーを通じて、日米株式への上昇期待が強くなる時期でもあります。米国企業が7-9月期の決算を発表する10月中旬以降の米国株は上昇することが多い、というアノマリーが期待感を高める最初の要因です。なので、それに応えることができる決算内容になるかがポイントとなります。

特に海外投資家が日本株に目が向くかどうかのポイントは、10月後半から始まる国内企業の業績動向です。もうひとつは、ドル円相場の動向です。企業業績があまりパッとしないのは何となく感じていますが、発表期間中に円安方向に動き出せば、パッとしない業績を織り込み、期待感に変わります。10月相場に入り、海外投資家からの売りが止まるという根拠はないものの、売りが続いているため、逆に買い余力は着実に増加していることでしょう。

さて、10月相場の初日となる3日、9月調査の日銀短観全国企業短期経済観測調査)が発表されました。日銀短観とは、日本銀行が全国の約1万社の企業を対象に、四半期ごとに実施する統計調査で、企業の売上高や収益動向、設備投資といった事業計画の予測値など、企業活動全般にわたる項目を調査し、公表するものです。

ここで注目されるのが、現時点の企業の業況判断を反映する、大企業製造業DIと大企業非製造業DIです。DIと日経平均株価のトレンドはおおむね連動しており、市場予想に対する着地点は相場の方向性を決めるカギとなります。

今回の9月調査分に関しては、大企業製造業DIはプラス6と6月短観から横ばい。大企業非製造業DI は1ポイント悪化しました。先行きをどうみているかといった先行きDIなども公表されます。大企業製造業の先行きDIはプラス6(6月はプラス6)、大企業非製造業の先行きDIはプラス16(6月はプラス17)とやや悪化しました。お察しの通り、サプライズでも何でもない結果に市場は無反応でした。

企業想定より円高でも、株価が下落しない理由
問題は先ほどの業績動向にも絡んでくるのですが、企業が想定する為替レートです。ドル円の想定レートは1ドル=107.92円と、依然として実勢レートよりも円安水準で計画されています。それでも想定為替レートが円高方向に修正されたことで、収益計画も前回から下方修正されましたが、普通に考えても業績の一段の下方修正余地は残るかたちになりました。

しかし、株価はネガティブな反応は示しませんでした。ドル円の急速な円安反転を見込んでいるのでしょうか。確かに、ドル円は5月末あたりから上値を切り下げ、下値は6月下旬頃から1ドル=100円レベルで下げ渋りをみせています。チャート分析では「三角もち合い(下降三角形)」になっているわけですが、見た目でいくと明らかに三角もち合い下放れの円高を見込むことができそうなパターンです。

が、少し待ってください。筆者にいわせると、それは「逆の解釈が必要なのかもしれない」と思っています。市場は大勢が思っている方向(=円高)には大きく動きません。大勢が思っている方向とは逆に動く、つまりこのケースでは円安に、しっぺ返しのように大きく動くことも多いのです。仮に本当にそうなった場合、1ドル=105円程度までは戻りは早いと思います。

日経平均株価は 25日移動平均線(1万6737円、10月4日現在)と75日移動平均線(1万6380円、同)の間でモミ合いが続いています。しかし、TOPIX東証株価指数)は25日移動平均線(1332.59ポイント、同)を上回っており、日経平均株価に比べ9月5日高値(英国のEU離脱が決定してから一番高い水準)に対して高位置をキープしています。相場全体が上向けば、相対的にはTOPIXが先行して9月5日高値(1357.41ポイント)をクリアする展開が予想されますが、日経平均株価も後追いして9月5日高値(1万7156円)を超えられるかが、相場全体の上昇持続力のカギとなります。

一方で、よいシナリオばかりではありません。現在の日経平均株価のモミ合いは9月5日高値を起点とする下落波動の「中間モミ合い」といった認識もできます。その場合、9月27日安値(1万6285円)を下回ると二段下げのパターンとなり、一段安につながるリスクは増大します。

9月の月間ベースでは、日経平均株価TOPIXは反落し、月足のローソク足では3カ月ぶりの陰線となりました。しかし、筆者はあることに気づきました。「日銀のおかげ」といっても過言ではありませんが、2012年8月からの3カ月間、2014年11月からの3カ月間と同じく、TOPIXが9月で「三点(ほぼ)同時」になったことです。「三点同時」とは、終値が3カ月間、同じ価格が続くこと。2012年、2014年のケースは、そのあと大幅高となりました。今年の7月は1322.74ポイント、8月は1329.54ポイント、9月は1322.78ポイントといったように完全に一致したわけではないですが、こんなに3カ月間が近いのもまれです。10月以降の相場に期待できなくもないというわけなのです。

「Buy in October」はやってみる価値あり?
さて、10月4日は「投資の日」でした。「投資の日」ができた1996年から昨年までの20年間、「投資の日」あるいは前営業日から翌年3月末までのTOPIXの勝率をみると12勝8敗と騒ぐほど高いわけではありません。

ただ、直近10年間でみると、7勝3敗となるのですが、負けのうちの2回は2007年と2008年の話です。つまり、金融危機のあった影響が色濃く出たためと割り切れば、この10年間のパフォーマンスは決して悪くありません。魔物が住むなどといわれる10月ですが、「Buy in October」はやってみる価値がありそうですよ。

日銀によるETF買いのスタンスの変化をきっかけに、日経平均株価TOPIXで割ったNT倍率の中長期のトレンドが変わってくる可能性が高いとみています。NT倍率は、日経平均株価が優位になると拡大、TOPIXが優位になると縮小する傾向があります。



TRADERS FARM BASKET(トレーダーズファームバスケット)